家庭用脱毛器の連射機能は必要?

家庭用脱毛器の連射機能は必要?

家庭用脱毛器 複数ショット型(連射機能)

 

 この機械は光脱毛の分類になります。IPL脱毛とも呼ばれ、痛みを抑えて肌へのダメージを少なくします。脱毛したい部位に、1ショット型のIPLなら、強い光を一回照射し複数ショット型のIPLなら、光の威力を抑えて連続で照射する、というわけです。

 

痛みは光の強さと比例するので、複数ショット型は光を抑えて分散させた事で、ほとんど痛みを感じさせなくしているというわけです。

 

 この複数ショット型のIPL脱毛器を使用する事で、光と痛みという刺激を抑えています。このことが肌への負担を最大限に減らしているともいえるので、肌の弱い人や敏感肌の人にはお薦めです。

 

 しかし、痛みはあまりないと言いますが、同じ場所に数回連続で当たれば多少ですが痛みはやはりあるものです。そしてもう一つの欠点といいましょうか。

 

それは時間がかかってしまうという事です。光脱毛は一定時間電気を集めてから脱毛部位に照射するのですが、この複数ショット型は光を抑えているとはいえ連続照射ですので、多少時間がかかるのも当たり前です。

 

 家庭用の脱毛器に、毛が完全に生えてこないようになる完璧さは求めていません。それを考慮すれば処理に時間がかかるとはいえ、痛みも肌への負担も軽減されている機器を選択する事は妥当な事かもしれません。

 

 そこで、この照射までに時間がかかるという事をプラスに捉えて、電気が溜まるまで部位を冷やす事を思いつきました。冷やしながら脱毛を行うと、更に肌への負担は減りトラブルの回避が出来ます。家庭用の脱毛器は個人の好みにもより、効果も大きいわけではありませんが、少しの工夫で使いやすくなるのかもしれません。