脱毛クリニックでの全身脱毛(永久脱毛)

脱毛クリニックでの全身脱毛(永久脱毛)

クリニックでの医療レーザー脱毛による全身脱毛

 

 多くの人が体験した事がある脱毛、エステでの主流が光脱毛ならクリニックでの主流はレーザー脱毛です。ニードルとも呼ばれる電気針脱毛も行っていますが、現在ではレーザーを使用する所がほとんどでしょう。

 

 クリニックでの脱毛は何が違うのでしょうか。第一は医療機関であるという事です。エステと違う光の出力も強い医療用機器を使って施術を行うため、高い脱毛効果が期待出来ます。

 

医師免許を持ったドクターが行うという事で安心感もあるでしょう。ただ、費用で見ればやはり高額にはなってくるでしょう。

 

 クリニックで使用されているレーザーは、元々あざを消したりする皮膚治療を目的として開発され、それが現在の脱毛に応用されています。

 

エステとの違いで痛みもよく比較されます。痛みの感じ方は個人差がありますが、輪ゴムで弾いたときの痛みだと表現されます。エステの機器より出力も強いのでその分痛く感じるのでしょう。

 

しかし、ありがたいことにクリニックで使用しているレーザーは、冷却装置が内蔵されているものがあり、光と一緒にガスが発射され肌を冷やしながら脱毛するので、冷却ジェルを塗る必要がないのだといいます。

 

とはいえ、アフターケアは大切ですので、初めのカウンセリングのときに脱毛後にどういったアフターケアを自宅ですべきかを確認しておきましょう。

 

 前出した通りクリニックは医療機関ですので、基本的に医療機器を用いて脱毛という行為を行うわけですが、カウンセリング時に副作用やリスクなどの説明をきちんと行う、施術後にトラブルがあった時には、保障してくれるなどのフォローがしっかりしている施設がいいでしょう。

 

また、完了までの回数は決まっているが期間は定めていない施設の方がより安心かもしれません。