永久脱毛の危険性・リスク・デメリット

永久脱毛の危険性・リスク・デメリット

永久脱毛のリスク・副作用

 

 永久脱毛の危険性として多くの方が考えられる事は、レーザーや電気脱毛による火傷や炎症、肌荒れなどのいわゆる肌トラブルではないでしょうか。

 

それが怖くてサロンの門をたたけない、話も聞けない、自己処理で済ませてしまう、という方もいらっしゃると思います。

 

確かに脱毛において失敗はゼロではありません。しかし正しい施術を行う施設において、実際に火傷や炎症などの事例は今やほとんど聞く事はありません。

 

これらの肌トラブルをリスクとしてとらえ怖がるのは、もはや昔の事なのかもしれません。

 

 では、現在において考えられるリスクとは何でしょうか。それは、ほとんどが永久に生えてこないと思っていた毛が生えてくる再毛です。

 

生えてこないと謳っていたのに伸びてきた、これに対してはホルモンや毛周期も関係してきますので、時間をかけて続けてくれるでしょう。

 

また、返金を提示している施設もあります。再毛などのリスクにはアフターケアが重要となりますので、そちらもカウンセリング時にきちんと確認して下さい。

 

 また、別のリスクや副作用というと、非常にコストがかかる点が挙げられます。脱毛のカテゴリーは「美容整形」になりますので、保険の適用がなされず全て自己負担となります。永久脱毛ともなれば複数回の施術が必要となりますので、高価格となってしまいます。

 

 また脱毛の際の痛みも挙げられるでしょう。無痛を謳う施設もあるようですが、痛みがない脱毛は効果について疑問視されるケースもあります。脱毛に使用する機器や部位によっては痛みや赤みが当然現れますので、アフターケアをきちんと行うようにして下さい。