ワキ脱毛

ワキ脱毛

思い立った時にすぐ、お金をかけずに手軽に出来るといった理由で、自己脱毛は繰り返されています。腕や足と同じように脇の自己処理も簡単だと思われがちです。けれど、実際は全然簡単ではないのです。

 

 方法としてはカミソリや脱毛クリームなどが多く使用されていますが、これらは表面に出ている毛を一時的に取り除くだけで処理には終わりがありません。しかも、長く続ける程大きな肌トラブルになるリスクが潜んでいるのです。

 

 まずカミソリでの自己処理は、皮膚の表面の残すべき角質層を削り取ってしまっている事が多く、それが肌に傷を付けてしまうのです。その傷が炎症を起こしたり、色素沈着になったりとトラブルになってしまいます。

 

 脱毛クリームなども一般に多く出回っている商品は化学成分で作られている物が多く、毛を溶かす成分が毛穴から肌に入り込み皮膚に対して強いダメージを与えてしまうのです。これが自己処理後のかぶれや腫れとなり炎症を繰り返してしまうのです。

 

 この他にも、実は脇に多く見られる肌トラブルで「埋没毛」というものがあります。傷付いた肌が修復しようとその傷の上に瘡蓋を作ります。毛根で再生された毛は瘡蓋のせいで表面に出る事が出来ず、皮膚の中で埋没したまま成長していくのです。これがかゆみや炎症を引き起こし悪循環となるのです。これらのダメージを改善していくには、長い時間と十分な保湿をはじめとする正しいケアが必要となるのです。

 

 ゆえに、手軽だと思っていた自己脱毛は実は非常に大変な事なのです。もし今後も自己処理を続ける場合は、負担や刺激の少ないシェーバーや自然由来のクリームを使用し、処理後はしっかりしたケアを心掛けて下さい。